人身事故で科せられる処分

日常の交通手段として自動車を利用している方は多いです。
鉄道網や路線バス網がしっかり確立されている都市部だと公共の乗り物を利用して移動する方も多いですが、地方都市などになればなるほど自動車を用いた移動も多くなる傾向にありますし、一人が一台車を所有していることも珍しくありません。
自動車を利用すれば雨の日でも濡れずに移動することができますし、さまざまなメリットを得ることができますがドライバーは常に交通事故の危険性を考慮しつつ運転する必要もあります。

自動車での交通事故は大きく分けて人身事故と物損事故に分けることができます。
物損事故というのは建物などに車でぶつかってしまったり、事故によって人工物などを破壊してしまうような事故のことを指し、人身事故は第三者に怪我などの被害を負わせるような事故のことを指します。
他人に健康被害を与える人身事故を起こしてしまうとドライバーにはいくつかの処分がくだされますが、それについて詳しい知識を有している方は少ないのではないでしょうか。

事故を起こしてしまったドライバーには大きく分けて行政処分と民事処分、刑事処分の三つを負う義務が生じます。
これら三つの処分が同時に行われることもあればどれか一つの処分を負うこともあります。
このサイトでは人身事故を起こしたドライバーに課せられる処分についてご説明していますから、詳しいことを知りたいという方はどうか最後まで目を通してみましょう。


≪特別リンク≫
人身事故や物損事故などの交通事故を起こしてしまった場合に無料で相談出来るサイトです => 交通事故 相談